Whisky Diary

セキュリティエンジニアのウイスキー研究日誌

朝倉 ブランデーカスクフィニッシュ / Asakura Brandy Cask Finish

本日は、朝倉 ブランデーカスクフィニッシュをいただきます。

HPの紹介文によると、大麦を原料に麹を用いて焼酎を製造(単式蒸留器で二度蒸留)し、アメリカンホワイトオーク樽で最低でも6年間熟成させた後、ブランデー樽にて約1年間追熟させたもので、品目はリキュールになります。

香りは、初めに樽香、甘い熟したブドウ、ミント、ハチミツなど、複雑な香りが立ち上る。
口に含むと、軽い刺激がスパイシー。シェリカスクフィニッシュ同様味わいは少し軽いが、違う点は舌の上で転がすと苦味ではなく甘味が支配的になる。こちらは焼酎っぽさはそれほど感じられない。
原酒:水=2:1位に加水すると香りは弱まる。舌触りはとても滑らか。やさしい控えめな甘味で、飲み込むときに程よい苦味。シェリカスクフィニッシュであった酸味は感じられない。

トワイスアップにすると、香り、味わい共に弱まる。しかしバランスは崩れず、加水されることによってやさしく飲みやすくなったと言える。

ロックにしても、甘やかな香りは健在。味わいは、滑らかで甘く、口内で温度が上がるにつれて甘さを苦味が追いかけてくる。美味しい。しばらく放置して加水が進むとチョコレートの香りもでてきた。

ハイボールにすると、甘味が引っ込み、苦味と酸味が中心のビターな味わいになる。

 

前回の、朝倉 シェリカスクフィニッシュは焼酎らしさを感じる飲み方もあったが、このブランデーカスクフィニッシュは、ブランデー樽由来のブドウの甘さが良く出ているためか、焼酎っぽさを感じることがほとんどなかった。どちらも福岡で7年以上樽熟成されているので、樽熟成がしっかり進み、複雑な香りが印象的な酒に仕上がっていると思う。

今回はそれぞれ単独で飲んだので、今後ウイスキーと飲み比べして特徴の違いを探していこう。

 

 【評価:7.5/10.0】

 
ボトル詳細
日本 
地域
福岡県
蒸溜所
篠崎
スタイル
リキュール
熟成年数
NA(7年以上)
アルコール度数
40%
容量
500ml

 

【前回の朝倉のレビューはこちら】

朝倉 シェリーカスクフィニッシュ / Asakura Sherry Cask Finish - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

朝倉 シェリーカスクフィニッシュ / Asakura Sherry Cask Finish

本日は変わり種で、朝倉 シェリカスクフィニッシュをいただきます。

HPの紹介文によると、大麦を原料に麹を用いて焼酎を製造(単式蒸留器で二度蒸留)し、アメリカンホワイトオーク樽で最低でも6年間熟成後、2種類のシェリー(マンサニージャ・オロロソ)樽で約1年間追熟させたもので、品目はリキュールになります。
色はきれいな琥珀色。
香りは、初めにシェリー樽のレーズン、その後すぐに甘いバニラと樽香が強めに立ち上ってくる。香りはウイスキーに比べてそん色なく、むしろ良い部類に入ると思う。
口に含むとウイスキーとはちょっと違う。アルコールの刺激は弱く、やさしく飲みやすいが少し軽い感じ。甘味は少なく、最初に酸味が、舌の上で転がすと次第に苦味が支配的になる。麦焼酎の味わいをベースに、樽の成分が乗っていると考えると合点がいく。
原酒:水=2:1位に加水しても、香りはしっかりしている。味わいは甘味と酸味が強くなった。

トワイスアップにすると、甘いバニラとレーズンに加え、クリームとアーモンドの香りが感じられるようになった。しかしながら味わいは酸味が強くなりすぎ、バランスが崩れてしまった。

ロックにしても、香りは健在。味わいは、最初は全く抵抗なく口に入ってきて、口内で温度が上がるにつれて甘苦さが強くなる。香りもよく飲みごたえもあり美味しい。この飲み方だとウイスキーと区別がつかない。加水が進むとちょっとづつ甘味が優勢になり、それでも苦味もしっかり残っていてやはり美味しい。ただし加水が進み過ぎると、バランスが崩れ酸っぱくなってしまう。

ハイボールにすると、レーズンが香る甘苦い味わい。十分美味しい。

 

朝倉は、クラウドファンディングで買われた方のレビューで高評価だったので気になっていたのですが、先日いつものリサイクルショップで見つけて購入できました。ストレートでは味わいにベーススピリッツの違いが感じられたものの香りはとてもよく、ロックやハイボールではウイスキーとの違いを忘れて美味しくいただくことができました。

酒税法の制約により、樽熟成で濃い色がついた焼酎は焼酎と名乗れないためリキュールとして販売されていますが、長期樽熟成の焼酎が新ジャンルとして広がると良いなと思いました。ウイスキーブログなので記事にはしませんでしたが、壱岐焼酎壱岐っ子デラックスもシェリー樽の香りが乗って美味しくいただけました(酒税法で焼酎を名乗れる範囲の薄い色です)。

 

クラウドファンディングの記事はこちら(受け付けは終了しています)。

「長期樫樽熟成麦焼酎の真髄」を、世界にそして未来に継承したい - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

camp-fire.jp

 

次回は、朝倉 ブランデーカスクフィニッシュをいただく予定です。

 

 【評価:7.0/10.0】

 
ボトル詳細
日本 
地域
福岡県
蒸溜所
篠崎
スタイル
リキュール
熟成年数
NA(7年以上)
アルコール度数
40%
容量
500ml

 

 

シングルモルト津貫 ピーテッド / Single Malt Tsunuki Peated

本日は、本坊酒造マルスウイスキー)のシングルモルト津貫 ピーテッドをいただきます。

こちらは、鹿児島県のマルス津貫蒸溜所で初年度シーズンに蒸溜し、バーボンバレルで熟成されたピーテッドモルト原酒を主体にヴァッティングしたものだそうです。

色は明るい琥珀色。駒ケ岳や津貫 ザ・ファーストより、少し薄い。
香りは、甘いバニラとはっきりしたピートスモーク。深く吸い込むと、オレンジの香りとアルコールの刺激。時間が経つとピートが強く感じられるようになる。
口に含むと例によってアルコール(度数50%)が刺激してくるが、何とか我慢すると、控えめな甘さも感じられるようになる。
少し加水すると、オレンジの香りに杏子の香りが混じってきた。
ウイスキー:水=2:1位に加水すると、ピート香が主体ではあるものの、オレンジ(柑橘)の中に甘いクリームの香りも感じられるようになる。口当たりはとても滑らかになり、甘さとともに舌の上にするりと流れ込んでくるが、しばらく口内で転がすとスパイシーに変化し、飲み込んだ後はスモーキーな香りが余韻として残る。

トワイスアップにすると、ピート香も柑橘の香りも控えめになる。味わいは、ソフトで甘く、余韻に苦味と煙たさが残る。飲みやすい。

ロックにすると香りは弱まるが、甘さが強まり、それに同じくらいの苦味が加わって飲みごたえがある。これは美味い。

ハイボールにすると、ウイスキーの甘味と炭酸の酸味がマッチしてリッチな味わい。さらに後味にピートスモークが香り極上。これも美味しい。

 

GWを利用して、マルスウイスキーの駒ケ岳と津貫をまとめてレビューすることができました。連続して飲むことで違いを意識することができましたが、体にはちょっと厳しかったので、しばらく肝臓を休めたいと思います。

最後に、マルスウイスキーの集合写真を記念写真として掲載します。拙いレビューにお付き合いいただき、ありがとうございました。

 【評価:8.0/10.0】

 
ボトル詳細
日本 
地域
鹿児島県
蒸溜所
スタイル
熟成年数
NA
アルコール度数
50%
容量
700ml

 

マルスウイスキーのレビューはこちら】

シングルモルト津貫 ザ・ファースト / Single Malt Tsunuki The First - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 屋久島エージング Bottled in 2020 / Single Malt Komagatake Yakushima Aging Bottled in 2020 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2019 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2019 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2020 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2020 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 2021エディション / Single Malt Komagatake 2021 Edition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 Mars Maltage Cosmo - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 マンサニージャカスクフィニッシュ2021 Mars Maltage Cosmo Manzanilla Cask Finish 2021 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

岩井トラディション / IWAI Tradition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト津貫 ザ・ファースト / Single Malt Tsunuki The First

駒ケ岳シリーズに続きまして、本日は本坊酒造マルスウイスキー)のシングルモルト津貫 ザ・ファーストをいただきます。

こちらは、鹿児島県の津貫で蒸溜・熟成されたシングルモルトの初リリース品になります。限定9984本のうちNo.0052とラベルに印字されています。カートンは駒ケ岳よりも立派な円柱形、ボトルは同じものでした。購入したのは約2年前ですが、やっと開けることができます。

色は明るい琥珀色。駒ケ岳とほぼ同じ。
香りは、アルコールの強さ(59%!)が鼻を突くものの、バニラ、クリーム、甘いシロップなどが感じられる。少し時間を置くとオレンジの香りも見えてくる。
口に含むと舌を鋭く刺激してくる。しばらく我慢するが辛味しか感じ取れない。
少し加水すると、オレンジの香りに杏子の香りが混じってきた。
ウイスキー:水=2:1位に加水すると、少し熟した柑橘のフルーティーな香りが主体になる。舌当たりはソフトになるもののまだ辛味はしっかりあり、甘味と拮抗している。アルコール度数的にはこれで普通のストレートだし。

トワイスアップにすると、香りは若い柑橘系になるがフルーティーとは言えず、ちょっと崩れてしまった。飲み口はソフトで刺激・辛味はなくなり、やさしい甘みのお酒となる。

ロックにすると、あれほどきつかった辛味はかなり抑えられ、味わいは濃厚な甘みが主体となる。バニラと柑橘の香りが漂い、美味しくいただける。

ハイボールにしても、しっかりとした濃厚な味わい。酸味が加わり、飲みごたえがある。

駒ケ岳よりも南にある津貫で熟成されたためか、津貫の方が熟成が早く進み濃厚な味わいになっているように思いました。次回はマルスウイスキーの最終回として、津貫 ザ・ピーテッドをいただく予定です。 

 

【評価:7.5/10.0】

 
ボトル詳細
日本 
地域
鹿児島県
蒸溜所
スタイル
熟成年数
NA
アルコール度数
59%
容量
700ml

 

マルスウイスキーのレビューはこちら】

シングルモルト駒ケ岳 屋久島エージング Bottled in 2020 / Single Malt Komagatake Yakushima Aging Bottled in 2020 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2019 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2019 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2020 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2020 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 2021エディション / Single Malt Komagatake 2021 Edition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 Mars Maltage Cosmo - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 マンサニージャカスクフィニッシュ2021 Mars Maltage Cosmo Manzanilla Cask Finish 2021 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

岩井トラディション / IWAI Tradition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 屋久島エージング Bottled in 2020 / Single Malt Komagatake Yakushima Aging Bottled in 2020

本日は、本坊酒造マルスウイスキー)のシングルモルト駒ケ岳 屋久エージング Bottled in 2020をいただきます。

裏ラベルによると、マルス信州蒸溜所で蒸溜→屋久島で熟成、バーボンバレルで熟成された原酒を主体にヴァッティング、とのことです。
色は明るい琥珀色。これまでの駒ケ岳とほぼ同じ。Non-coloredとはうたっていないので色は調整しているのでしょうか。
香りは、アルコールの強さ(53%)が鼻を突くものの、ふくよかな杏子や梅、そしてバニラの香りが立つ。昨日の駒ケ岳2019と比べると、こちらの方が香りが強い。
口に含むとアルコールの強さからくる強い刺激と辛味があるが我慢。慣れると中程度の甘味と酸味が感じられる。杏子の香りとマッチしている。
ウイスキー:水=2:1位に加水すると、柑橘の香りが現れかすかにピートも感じられるようになった。味わいはアルコール刺激は弱まり、最初に甘味、次に苦味、それから辛味へと変化する。

トワイスアップにすると、香りはかなり弱まってしまう。飲み口はソフトで飲みやすくなる。やさしい甘苦さ。

ロックにすると、飲み口はソフトになるが、すぐに本領を発揮して口内に濃厚な旨味が広がる。オレンジの柑橘の香り、赤く熟した果物の甘味、そしてピリリとしたスパイシーな辛味。これまでの駒ケ岳と比べて味はこれが一番濃厚。南にある屋久島でエージングされた分、熟成が進んでいるのだろうか。

ハイボールにしても、濃厚な味わいは健在。どっしりした旨味を感じる飲みごたえがあるうまいハイボールになる。

 
今回で私が持っている駒ヶ岳は最後になりますが、私が良かったと思う順番に並べるとこうなります。
  1. 屋久エージング Bottled in 2020
  2. 2021エディション
  3. リミテッドエディション 2020
  4. リミテッドエディション 2019
     

とはいえ、比較のため開封後数日たったものを飲んだ時に開封直後よりもおいしく感じられたので、ちょっと時間をおいて飲むとまた違ってくるのかもしれません。

 

【評価:8.0/10.0】

 
ボトル詳細
日本 
地域
長野県、鹿児島県
蒸溜所
スタイル
熟成年数
NA
アルコール度数
53%
容量
700ml

 

マルスウイスキーのレビューはこちら】

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2019 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2019 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2020 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2020 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 2021エディション / Single Malt Komagatake 2021 Edition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 Mars Maltage Cosmo - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 マンサニージャカスクフィニッシュ2021 Mars Maltage Cosmo Manzanilla Cask Finish 2021 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

岩井トラディション / IWAI Tradition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2019 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2019

GW前半は色づく世界(↓)に旅をしていたため、更新間隔が開いてしまいました。

 

本日は、本坊酒造マルスウイスキー)のシングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2019をいただきます。

ラベルによると、2019はバーボンバレルで熟成されたモルト原酒を主体にヴァッティングしたとのことで、2021は2020で使っていたシェリー樽については言及されていません。ラベルカラーはグリーンです。
色は明るい琥珀色。2021、2020とほぼ同じ。
香りは、バーボン樽らしいバニラ、樽感、ハチミツ、弱めだが杏子、気持ちオレンジ、そしてアルコール感。アルコール度数は48%。2021で強く感じられた柿の香りはあまり感じられない。
口に含むとさらりとした舌触り。口内で転がすと、弱めの刺激が現れ、その後弱めの甘味が感じられる。2021、2020と同様に味わいはあっさりめだが、これが一番あっさり。
ウイスキー:水=2:1位まで加水を進めると、若いフルーティーな香りが現れた。青リンゴよりもう少し緑色系のフルーツ、ミント。味わいはソフトになりより飲みやすいが、心持りコクが増したように思える。

トワイスアップにすると、ミントの爽やかな香りが支配的になる。ラベルのグリーンはこれをイメージしているのかもしれない。飲み口はソフトで飲みやすい。すこし苦味も感じられるようになった。

ロックにすると、杏子の香りと焦がしたカラメルの香りが出てきた。味わいはやはりソフトだが、口内で少し温度が上がると甘味、酸味、苦味が持ち上がってきて、ストレートよりも味わい深く感じられる。駒ケ岳はストレートよりロックが美味しいと思う。

ハイボールにすると、ラベルに書かれていたメロンを感じられるようになった。爽やかなハイボールとして美味しくいただける。

2019→2020→2021と、年々よくなっているという話を聞いていたからかもしれませんが、確かにそういう気はします。いずれもロックがおすすめかな。
 
【評価:7.0/10.0】
 
ボトル詳細
日本 
地域
長野県
蒸溜所
スタイル
熟成年数
NA
アルコール度数
48%
容量
700ml

 

マルスウイスキーのレビューはこちら】

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2020 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2020 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 2021エディション / Single Malt Komagatake 2021 Edition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 Mars Maltage Cosmo - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 マンサニージャカスクフィニッシュ2021 Mars Maltage Cosmo Manzanilla Cask Finish 2021 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

岩井トラディション / IWAI Tradition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

シングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2020 / Single Malt Komagatake Limited Edition 2020

本日は、本坊酒造マルスウイスキー)のシングルモルト駒ケ岳 リミテッドエディション2020をいただきます。
2020年まではリミテッドエディション、2021年はエディション2021と呼び方が変わりました。販売本数が2020年は15,000本、2021年は50,000本と大きく増やせたからでしょうか。

2021エディションは、バーボンバレルとシェリー樽のモルトをバッティングしたものでしたが、2020はシェリー樽とアメリカンホワイトオーク樽のモルトをバッティングしたものとのこと。ラベルの帯の色が、2021は赤、2020は青なのはテイストを示唆しているのでしょうか。
色は明るい琥珀色。2021とほぼ同じ。
香りは、少し熟したオレンジ、ハチミツ、バニラ、そしてアルコール感。度数が50%あるためか、深く吸い込むとアルコールの刺激を強く感じる。
口に含むと、2021同様滑らかな口当たりで、続いてアルコールの刺激が来る。それを過ぎるとさらりとした感じになる。甘味はほのかで、オレンジの香りが心地よい。
少し加水すると杏子のような赤い系の香りがでてきた。まだちょっとアルコールの刺激が気になる。

ウイスキー:水=2:1位まで加水を進めると、刺激は辛味へと変化し、ドライで辛口な味わいになる。香りはオレンジと杏子がただよう。

トワイスアップにすると、柑橘の香りは弱まり、相対的にハチミツが拾いやすくなる。味わいはやはり辛口だが、ひかえめな甘味がそれを支えている。

ロックにすると、甘味と苦味が強調されるが、辛味もやはり強調されて、辛口という印象は変わらない。

柿の香りは健在。味わいは、濃厚な甘みと旨味、そして苦味がマッチして美味しい。加水が進んでも味は崩れず、まったりとしていて美味しい。これのロックはおすすめ。

ハイボールにすると、はじめて甘味が前面に出てきた。杏子の甘さが炭酸で爽やかに昇華されて美味しい。

2021は柿のような赤い熟した果実の印象だったのに対し、2020は蜜柑のような黄色い果実の印象でした。いずれも西洋のフルーツではなく日本の果実として感じられたので、ジャパニーズウイスキーなのだなぁと思います。
 
【評価:7.5/10.0】
 
ボトル詳細
日本 
地域
長野県
蒸溜所
スタイル
熟成年数
NA
アルコール度数
50%
容量
700ml

 

 

マルスウイスキーのレビューはこちら】

シングルモルト駒ケ岳 2021エディション / Single Malt Komagatake 2021 Edition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 Mars Maltage Cosmo - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

マルス モルテージ 越百 マンサニージャカスクフィニッシュ2021 Mars Maltage Cosmo Manzanilla Cask Finish 2021 - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com

岩井トラディション / IWAI Tradition - Whisky Diary

whiskydiary.hatenablog.com